マンション売買の仕組みを知る|投資マンション売却の注意点

積木

賃貸住宅を利用しやすく

女性

安心を呼ぶ保証サービス

近年、賃貸住宅の利用しやすさを向上させる存在として注目を集めているのが、賃貸保証会社です。賃貸保証会社は、簡単に言えば連帯保証人の代行サービス業者です。アパートや賃貸マンション等に入居する際、賃貸借契約とは別に保証契約を結ぶことにより、債務の支払いを保証します。入居者が万が一家賃等を滞納した場合は、賃貸保証会社が立替払いを行います。このサービスを導入すれば、オーナーは連帯保証人を選任しなくても債権の回収を確実にすることができるようになります。ただ、賃貸保証会社は決して債務の肩代わりをする会社ではないという点には注意が必要です。立替払いをした分は、当然ながら後日入居者に対して取り立てを行います。連帯保証人にふさわしい人物が身近にいない人でも賃貸住宅に入居しやすくなるという点で非常に便利なサービスですが、入居者は支払いの遅れなどが生じないよう十分気をつけなければならないという点については、一般の賃貸住宅の場合と何ら変わるところはありません。入居者がこのサービスを利用するには、オーナーの同意があることと賃貸保証会社の審査にパスすることの2点が条件となります。現実には、オーナーの側が提携している保証会社の利用を入居の条件にするケースが一般的です。審査のやり方は、クレジットカード会社の審査に似ています。身分証明書類や収入証明書類の提出、その他必要に応じ転居の理由等に関する事情聴取などを通じて、利用の可否が決定されます。